月まで

最近は仕事中に裏でYouTubeを流している。

 

よく聞くアーティストの好きな曲ばかり聞いていてもよいし、現にいままでそうすることも多かったのだが、そうなると1週間くらいして飽きてしまう。1度飽きるとその曲は1年くらい聞かなくなってしまう。ちょっと勿体ない。

 

昔は能動的に知らない音楽を探して貪るように聞いていたのだが、最近はその気力も時間もなく、かといって上述の理由で既知の曲を無限リピートするのもなあと思っていた。YouTubeのトップページに今日のおすすめ的に出てきた動画を開いて、あとはずっと自動再生で知らない曲が延々と続く。プログラムを書いていたりすると歌詞も音楽も基本的には全く頭に入ってこないのだが、外界の雑談や環境音を遮断すると生産性が上がるタイプなのでとりあえずはそれで問題ない。

 

そうこうしていたら出会ってしまった。Hump Backの「月まで」である。

 

www.youtube.com

 

文句なしにかっこいい。なんとなく初期のチャットモンチーを感じるところも良い。私は音楽評論家ではないので「かっこいい」、「好き」、「良い」くらいしかボキャブラリーを持っていない。あとは皆さん聞いていただいて判断いただければと思う。

 

私はいわゆるジャパニーズロックが大好きで、男女問わず広く浅く聞いていた時期があった。最近は狭く浅くになっているが、たまにこういう自分にビビっとくるのと出会うとやっぱり嬉しい。でもなんとなくガールズバンドに比重は寄りつつある気がする。ガールズバンドを好きになるのは生殖本能なのかどうか、そうでないと信じたいがそうでないとも言い切れないので良くない。カラオケで歌うのも音域的にしんどいので良くない。良くないけれど聞くのも歌うのも好きなので仕方がない。なるべく一人で聞くようにして一人で歌うようにするので許してほしい。

 

リーガルリリーの「リッケンバッカー」も良い。どうやら基本的に切ないけど激しいメロディが好きみたいだ。これもなんとなくチャットモンチーを感じる。

www.youtube.com

 

この2曲をこの数日の間にもうかれこれ100回くらい聞いている。冒頭で述べた「飽きないための新規開拓」だったはずなのに。