ゆるキャン△した話 実践編

 出発編のつづき。

mmvnvn.hateblo.jp

 

今回はキャンプ場についたところからになります。

 

とりあえずテントなどをちゃちゃっと設営してしまおうと思ったのですが、テントなど建てたことがなく、さらにペグうつためのハンマーを買っておらず、テントの説明書も捨ててしまったため、完全に雰囲気で建てました(一箇所プラスチック製の部品が壊れてしまいました)

 

まだ明るいですが、火を起こしてから本でも読もうと思い、その前に寒いのでコーヒーを飲んで身体をあたためます。ガスバーナー的なのを買って本当によかった、イワタニのミニバーナーはど定番らしいですが、やはりよかったです。

 

f:id:mmvnvn:20181209212639j:plain

↑完全にやっている図

 

その後は火おこしをトライするも、買った薪が完全に湿気っていて全く火がつかず、気づいたら真っ暗になっていたのであきらめて腹ごしらえをはじめました。

 

とりあえずしまりんが作っていたスープパスタは絶対に作るぞと決め、予め食材を切るなどして持ってきていたのでそれからやっていくことにしました(車内が玉ねぎのアレな匂いで充満していたのでできればもうやりたくない)

 

f:id:mmvnvn:20181209212803j:plain

↑完全にしまりんになっている図 

 

その後も適当になんかいろいろ食べたり、思いついたように火起こしを再開しては諦め(オリーブオイルを撒いたら一瞬だけついた)、いろいろ面倒になり20時頃にはもうシュラフに潜っていました。

 

やることもないのでアニメ1期以降の部分も見ようと思い、Amazonkindle版を購入して読んでいたら、いかにも簡単にヤレそうな女の子(造形が俺好みのもの)が出てきたので共有します。

f:id:mmvnvn:20181209212924j:plain

↑簡単にヤレそうなMOB子の図

 

で、ちょっと寝ては身体が痛くて起き、ツイッターをし、タバコを吸って寝るのを繰り返していたら一日が終わりました。

 

こんな感じで基本的に自宅でできることを凍えながら外でやっているだけでしたが、それなりに満足感のある一日でした。

 

次回は帰宅編になります。

mmvnvn.hateblo.jp