ゆるキャン△聖地巡礼日記①

12/30-1/2でゆるキャン聖地巡礼をしました。何回かに分けて記録を残していきたいと思います。

 

12月30日(日) てんき はれのちゆき

帰省ラッシュにかぶることを恐れ、朝3時に家を出ました。

事前に車にはスタッドレスタイヤを装着し、空気圧の調整も行い、完璧な状態。

 

今日の予定は関越自動車道・長野自動車道経由で佐久平PAまで行き、仮眠を取って、麺屋蕪村佐久インター店で昼飯を食べ、141号を南下して山梨県内へ。

ここで一泊して翌朝はゆるキャン△第1話の「浩庵キャンプ場」の開場待ちに並ぶというもの。

 

なぜ敢えて麺屋蕪村とかいうチェックポイントをわざわざ通過するのかというと、長野駅前にある麺屋蕪村には昔たいへんお世話になり、その味をいまでも忘れられないのですが、東京には似たようなラーメンが存在せず、せっかくなら食べておきたいと考えたからです。

 

というわけでザーッと佐久平PAまで。

深夜?早朝?なので渋滞もなく、スイスイ進んでいきました。

仮眠をとり、蕪村そばを食べに佐久ICで一旦下ります。

ICを降りると目の前にお店が。すばらしい立地ですね。

早速いつも頼んでいたちゃぁしゅうそばを注文・・・したのですが、長野駅前店では選べていた麺の太さが選べず、細麺固定。

 

長野駅前もデフォルトは細麺なので、太麺といい忘れたときにたまに細麺食べていたのですが、なんというかせっかくの濃厚スープにあまり合わないというか、単にオタクラーメンの食べ過ぎで太麺信仰から抜け出せていないのか、ともかくあまりおいしくなかった記憶があります。

で、実際に出てきたものは、なんというか蕪村インスパイアみたいな何か。

長野と比較しても

・無駄に炙ってあるチャーシュー

・多量の浮いた油

・細麺

・赤くて細いやつ

など、だいぶ趣向が違っております。そして私の口には残念ながら全く合わず。

 

まあ違うのは仕方ないか・・・気を取り直して山梨に向かうぞとTwitterでキャンプ場の状況を検索してみると、今朝の段階ですでに年越し2泊組が開場待ちの大行列を作っている写真が流れている。これもう明日並んでも入れないのでは、とも。

 

f:id:mmvnvn:20190102215028j:plain

 

おいマジか・・・(しまリンボイスで)

 

まあ別に今回わざわざ入れるかどうかわからない浩庵に行かなくても、ほかにも聖地はいっぱいあるからいいかと思い、いろいろ検索してみたがどこも全滅。冬季は閉鎖しているか、すでに予約でいっぱいか。

 

ちなみにこれは学びなんですが、初日の出見るために富士山周辺のキャンプ場が大晦日に混むのは仕方ないとして、それ以外でも割と冬のキャンプ場は混んでいるらしいです。

というのも、冬季は閉鎖するキャンプ場がかなり多く、その分空いているキャンプ場に人が集まるというのが理屈らしい。加えて、ゆるキャン効果で舞台となったキャンプ場はどこも、平日でさえ来客ゼロということはないらしい。いや、閉鎖するくらいなんだからみんなキャンプしないでくれ・・・とは言えないですね、ブーメランなので。

ともかく、ただでさえ混んでいる冬キャンプ場、特に大晦日の、富士山が見えるキャンプ場はどこも数か月前から予約が埋まるらしいのでみなさんもお気をつけください。

 

というわけでまあ唯一予約なしで行けそうなのは「陣馬形山キャンプ場」くらいだったんですが、前日氷点下15度くらいにまでなったという話を聞き、さすがに私の安物装備では凍死しかねないので、あきらめて長野まで蕪村リベンジに向かいました(?????)

 

長野自動車道→上信越自動車道で長野ICまで。数年前までは大学から帰省するたびに通っていたので懐かしさを感じながら進んでいきます。佐久ではぽつぽつあられが降っていましたが、長野につく頃にがっつり雪が降っており、スタッドレス履いといてよかったとなりました。(積もったり凍結してたりってわけではなかったので多分ノーマルでも大丈夫そうだったけど)

 

そして長野に到着。もうこの時点でキャンプ場でキャンプする気がゼロになっていたので、長野駅前店の蕪村で夕飯食べて、その後は友人の家の庭でテント張ろうかと考えていました。

 

長野駅前店の蕪村は全く変わってなかったです。もちもちの太麺に意外とあっさりしているスープが絡みつく。炙っていないチャーシューはやわらかくこってりとしていて、そこに白髪ねぎがいいアクセントとなってパーフェクト。完全です。

 

で、友人の予定があくまでだらだらTwitterを見ていたら、なんと明日の朝から浩庵に並ぶという人が。マジか。(二度目)

それを見てしまったら、ああ並んでもいいんだ、許されるんだ、という気持ちになり、迷うことなく浩庵に向かうことにしました。

慌てて南下し、中央自動車道中部横断自動車道を経て降りる予定の六郷ICの近くまで来た時にはもう朝の2時すぎ。

 

高速降りてコンビニで仮眠してもよかったですが、やはり私有地で寝るのは憚られるので、直前のPAで仮眠をとることにしました。ここから山道を1時間弱進むと目的地です。今日は6時過ぎから並んでいた人もいたそうなので、6時には並べるように5時には起きようと思います。

 

初日はこんな感じで完全に異常ルートでキャンプ場に向かうことになってしまいました。明日以降はもっと効率的に回っていきたいです。

 

ちなみにいまは長野県の東信地方から山梨県内に向かうには、長野や松本、諏訪などを経由してぐるっと高速で行くか、佐久から(厳密にはもう少し南まで高速で行けますが)下道で向かうかの2択となっています。

しかし中部横断自動車道が全面開通すると、佐久から山梨を抜けて静岡までつながるようになります。

この道中ではゆるキャンの舞台となった山梨県身延町や南部町も高速で簡単に行けるようになり、聖地巡礼にぴったりだと思うので早く開通してほしいですね(なかなか進んでいないようですが、毎年少しずつ開通しているっぽい)

 

f:id:mmvnvn:20190102215352p:plain

↑一日目の当初の予定

 

f:id:mmvnvn:20190102215520p:plain

↑現実

 

150kmも無駄に走る羽目になってしまいました。頭が悪い。

 

以上、②に続きます。